FC2ブログ

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

回想?2 再発宣告日の夜

  • 2009/01/17(土) 14:26:35

手術することはある程度、覚悟はしていたとはいえ
G3という恐ろしさに、家に帰ってからも腑抜け状態でした。

センセイによると、G3は進行や転移が早い。
どんなに小さくても危険な状態。


切除範囲は子宮・卵巣・卵管はもちろん、
骨盤リンパ節・大動脈リンパ節のかくせい、
6クール、5ヶ月ほどの抗がん剤治療
をしなくてはいけないとのこと。

IA期なら、本当は初期だから手術範囲も縮小できるはずだし
抗がん剤もなしにできるはずだったけど、G3ではそうはいかない。

これが、ショックでした。

だんなもいないし、食欲もないし
ただ、ひとりでボーっと座っていました。

夜の9時半に電話が鳴りました。

主治医のセンセイでした。

センセイ「他の手術を動かせたので、手術日が決まりましたよ。2月○日、予約入れときますか」

「はぁ、そうですね、お願いします・・・」

センセイ「今ね、G病院への紹介状を書いているんだけど、
ネロリネロリンさん、もう1回だけヒスロンチャレンジしてみますか?
4ヶ月の限定ですけど。
もし、明日のPET?CTの結果に異常がなくて、他の病院でG2以下の病理結果が出たら
の話なんだけど。もちろん、大きな期待を持ってもいけないし、
相当危険なのは変わりないんですけどね」

「はぁ???」

G3でヒスロン?何いってんの?

どうやって電話を終えたのか、まるで記憶ないです。

ただでさえ、思考能力が低下してるのに、翌日はPET-CT検査のため
早朝に家を出ないといけないのに、もうアタマやココロが限界でした。



スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。