FC2ブログ

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あの時・・・

  • 2016/09/12(月) 21:48:23

最近、タレントさんのがんのブログの内容が
ニュースになっています。

ブログを見に行かなくても、TVやネットニュースで
内容がわかってしまう。


“あの時・・・”と後悔されてますね。


とてもよく気持ちがわかります。

私も同じ経験をしたから。


“あの時”
一人目の婦人科クリニックの医師の言葉を信じていたら
ただの卵管の詰まりだと思ったままだった。


“あの時”
二人目の総合病院の医師の言葉を信じていたら
単なるポリープだと思っったままだった。


“あの時”
三人目の市立病院の有名医師の言葉を信じていたら
ポリープはなくなっていると信じたままだった。



なぜこの時こんなにも
誰も信じられずに病院を点々としたのか
自分でもわかりません。


なにかに突き動かされていた感覚だけは
なんとなくは記憶に残っていますが。



いつもの私だったら、
何人もの医者にたいしたことないと言われ、
「安心」しきって何もせず、普通の生活に戻っていたと思います。



でも、もしそうしていたら


おそらく今、私はこの世に存在していない。



さまざまな検査をしたのだから
疑うなんて、普通は思わない。


ただ、不思議なことにどうしても、

どうしてもポリープがなくなったことが信じられなかった。


二人目の先生にお願いしてもう一度、詳しく調べてもらったら

一つだと思ったポリープが二つもあることが

わかった。


そして、陽性なのだから手術は必要ないといわれたけど

手術をどうしてもしないといけない気がして、受けた結果


ポリープではなくて“子宮体癌”だということを告知されました。



私の中で今でも許せない、見落とした市立病院の医師は
子宮体部のがん検診もしたのに、みつけられなかった。


ほんとに、ほんとに医者を信じすぎたらいけない。



そして、なにより


自分の心の声。


身体の声を聞き逃さないで欲しいと思うのです。



久々にあの頃の、辛かった日々を思い出して
ブログに書かずにはいられませんでした。

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。