FC2ブログ

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

休薬期

  • 2009/07/31(金) 20:25:43

今は、休薬期

抗がん剤のダメージを受けた正常な細胞が再生するための
期間をそう呼ぶそうです。

退院後2日くらいは、だるさがありましたが
すぐ食欲が回復し、日々体調がよくなってきました。
処方された吐き気止めの飲み薬も1度も飲むことなく復活!

セールに行ったり、友人と焼肉を食べたり、日常生活を
ふつーに送っています。
ああ、ふつーってなんて素晴らしい!!

今日は2回目の採血でした。

血液検査の結果が悪いと(白血球が下がりすぎると)
次の抗がん剤が打てないため入院が延長になる。
通常だと退院から2週あけて、3週目に次の抗がん剤を受ける予定。

抗がん剤仲間が4人いるのだけど、そのうち2人が1週間延期になった。
延期になると、当然 抗がん剤終了も遅くなる。
いやだ!どうせやるなら、ちゃっちゃっと終わりたい。

血液検査の結果は問題なし!ほっ。
予定通り、月曜日からの入院が決定です。

今日仲間の4人のうち、3人と再会した(2人は抗がん剤入院中!)
そのうち脱毛していないのは、私だけ。

私が一番最後に投薬しているから当然かもしれないけど、
みんな髪の毛がないよ!
うわ?ん、こわいよ!

抜けてしまえば大丈夫だと思うけど、抜け始めがこわい。
考えるだけでホラーだ。

仕方ない、仕方ない。
もう、帽子はスタンバイオッケー。
思いっきりショートヘアにしたし、脱毛、来るなら来いっ!!

スポンサーサイト

抗がん剤2日目・3日目

  • 2009/07/29(水) 18:01:57

抗がん剤投与翌日は、すっきり目覚めました。
朝食は、普通に食べられました。
持ち込んだ、パンもこっそりいっときました。

食いしん坊がたたってか、昼前に軽く気持ち悪さが・・。
我慢しないと決めたので、看護師さんに申告。

注射での吐き気止めを入れられた。

具合がよくなったので見舞いに来てくれた、
義理妹と廊下にあるソファーで談笑。

何がいけなかったのか、トイレ(お通じのため)に行った際、
思いがけず嘔吐!!びっくり!
吐く予感が何もなかったから!!
でも、あとにも先にも吐いたのはこの時だけでした。
妹が差し入れてくれた、ジュースをすっかりきれいにもどして
しまったのでした。

この日の夕食から食事のにおいがダメになりました、うぷぷってなる。
食事ストップをかけました。
夕方、また吐き気止めの点滴を入れました。
「何となく、気持ち悪い気がする、我慢できるけど」
という程度でも点滴が入りました。

おかげで「何となく気持ち悪い気がする?」くらいの
症状で済みました。我慢しないで、即、吐き気止め!
今後もこれで行こうと思いました。

3日目は、快調。
食欲だけはなかったので、実の妹にそうめんと果物と
漬物(これがどうしても食べたかった!)を差し入れてもらいがっつく。
夕方から少し食欲が出てきて嬉しかった!

この日の夜に水分を入れていた点滴が取れ、翌日退院となりました!
計5日間の入院でした。

当初1週間と聞いていたけれど、症状が軽いので退院が早まりました。

思ったより、軽く済んだみたいで、よかった、よかった!

初・抗がん剤

  • 2009/07/25(土) 12:38:04

7月14日、いよいよ初めての抗がん剤。

やはり、緊張しました!
思い込みが激しすぎて、実際にはありえないらしいのだけど
点滴の針を入れただけで吐き気を訴える人もいるらしい・・。

うわ?、どうなるんだ、私!

これから、3日間点滴生活になるのでその間、シャワーにも入れません。
早朝にシャワーを済ませ、点滴を待ちました。

9時より水分と吐き気止めの点滴がスタート。

13時頃、やってきた、1本目の抗がん剤!
アドリアマイシンという、真っ赤な毒々しい薬。
注射で入れるので、一瞬で終了!

続いて、2本目!
エンドキサンという薬で、小さい点滴パック。
15分で終了!

3本目の抗がん剤はシスプラチン。大きな点滴パック。
これは、じっくり2時間かかる。しかも、吐き気の原因になる薬だそう・・・。

抗がん剤を打っている最中は、なんともない。

それどころかお腹がすいてきたので、見舞いに来てくれただんなにシュークリームと
ヨーグルトを買ってきてもらい、抗がん剤を打ちながら、がっついた!

どうなるか心配していただんなだけれど、がっついている私の姿を見て
安心・・(あきれた?)して、帰っていった。

数時間後・・・!!
きた、きた!微妙な、気持ち悪さ。
副作用なんだろうけど、でも、この時、アホなことに私はシュークリームで
胸焼けしているんだと思っていたんです・・・。

看護師さんに言ったら、
「予防と言う意味もあるので、入れときましょう吐き気止め」
ということで、点滴で吐き気止めを入れました。
この日の夕食は、早くも手付かず。
でも、これもシュークリームを間食したからだと思ってたんですよね。

今思えば、正真正銘、副作用なんですけどね。

その後、けだるさもあり朝までぐっすり。
吐き気はなし!

思ったよりも、何事もなく抗がん剤投与日を終えました。

抗がん剤1クール目 1日目

  • 2009/07/23(木) 11:26:06

一回目の抗がん剤を受けてきました。

がんの種類によっては、いろいろあるみたいですね。
聞いた話だと乳がんだと、日帰りでできる抗がん剤や、
飲み薬だけで済む場合など、本当にさまざま。
他のがんでも、いろいろ違うんでしょうね・・・。

私の場合は、1週間の入院予定でした。

1日目:やることが何もない日。
    採血のみということを確認し、病院の外へだんなとランチに行ってしまいました。
    その後は、経験者の話から食欲がなくなったとき、比較的たべられたと言う
    ゼリーなどを買いだめするために買い物へ。

    その後、薬剤師から、副作用の説明が1時間ほどありました。
    副作用の話は大切かもしれないけど、聞けば聞くほど気分がなえる。

    考えられる副作用(主なもの)
    ・吐き気
    ・嘔吐
    ・口内炎
    ・アレルギー症状
    ・腎臓障害
    ・心毒性
    ・聴力障害
    ・出血性膀胱炎
    ・壊死性皮膚炎   などなどの説明がありました。

思い込むと(ビクビクしすぎると)、吐き気などの症状がひどくなる
と、医師や看護師にいわれたけど、始める前にこんなに副作用の話ばかりされると
ビクビクするだろ!!って、思ったけど、言えなかった・・・。

夜、寝られなかったら眠剤を処方すると言われましたが問題なく
寝られました。

ちなみに、手術前日もぐっすりだったので
睡眠に関しては問題がないようです。

特に、緊張することなく入院1日目は終りました。
 

明日、入院です

  • 2009/07/12(日) 22:24:41

摘出手術の入院の記録や、気持ちの移り変わりなどを
記録に残したいと思っていましたが、
そうこうしているうち、もたもたとしているうちに

明日から、1クール目の抗がん剤治療のため入院します。

摘出した子宮にも卵巣にも
術前に予想していたとおり、がんは見つからなかった。

でも、毎度(過去2回)取っても取ってもポリープ状のがんが出てくる卵管入り口あたり
の筋層があやしいと思っていた主治医が、手術中に病理医にそのあたりを持ち帰って
調べて欲しいと依頼したようです。
(術中、手を止めて一緒に切り取ったようです、、、その間私は開き状態!!
どうなってたのだろう・・・と考えるとグロいですね)

その際、
ちょっと生々しいのですが、肉片が落ちたそうです。
何となく気になった主治医はその、小さな肉片を保存していたようです。
あとで調べてわかったのですがそこに、1ミリほどのがん細胞が見つかったと言うことでした。

病理医が調べた方には何も見つからなかったから、驚きです。
もし、肉片を保存していなかったら・・・・?!

センセイは「小さくてもがんが見つかったということは、今、このタイミングで
手術してよかったということですよ」とおっしゃった。

たぶん最後の妊娠が流産でなくて、もし私が妊娠継続を選んでいたら
命にかかわったということを言いたかったんだと思う。

ばかみたいだと人は思うかもしれないけど、今でも最後の最後にお腹に
宿ってくれた赤ちゃんが、私がどんな選択をするかわかっていて、
自らの心拍を止めることで「今、手術をして」と私に教えてくれたんだと思っています。

そして今回奇跡的に見つかった、その1ミリのがんはまたもや、
判断が難しく微妙だそうですが
G3と判断されたので、6クールの抗がん剤をすることをすすめられました。

できれば、抗がん剤はしたくなかった。

センセイに「どうしますか?でも、私の身内なら念のため、勧めます」
といわれたからではなく、もし追加治療をしなくて再発した場合、
ものすごい大きな後悔をするだろう、そう思ったから
受けることにしました。

また、未知の世界に突入です。
自分ががん患者だとは、今でも実感がないです。本当に変なのですが。

私が受ける抗がん剤治療はCAP療法だそうです。

どうする、どうなる、私!

怖いけど、行ってきます!

退院後の日常

  • 2009/07/07(火) 22:42:31

ようやく、やっと少しづつ日常生活が送れるようになりました。

退院後、実家から母がきてくれていたので、食事や買い物に不自由することが
なく、助かっていたのですが退院3日目、

やはり、傷がちゃんとふさがらないまま退院したせいか
38度の熱と痛みがひどくなってしまいました。

急遽、外来へ。
超音波や血液検査をしましたが、自然治癒力にかける
・・・・といわれ、薬をもらって帰ってきました。

お腹にうみがたまっている場合、再開腹してうみを出す・・・という
恐ろしいことを言われたことがあったので、
再入院すると思った母は、荷造りをしていましたが・・。

しばらく、痛みが取れたり、ぶりかえしたりを繰り返したため、
憂鬱な日々を過ごしていました。

でも、今日は調子いいです。
まだ、ヘンテコな歩き方だしのろのろだけど日常生活が戻りつつあります。

退院しました!

  • 2009/07/01(水) 12:11:28

先週、無事(?)に退院しました。

途中までは、術後の経過は順調でもっと早く退院できると
言われていたのですが、傷が開いちゃったので少し遅くなりました。
原因は、体質のせい・・・とか言われましたが
今も、傷が痛く、日によっては熱も出るので更新がなかなか
できませんでした

入院する時に書いたコメントにみなさんが、温かいコメントを
寄せていてくれたんですね。
本当に嬉しいことです。

入院前に携帯から、更新できるように操作してみたのだけど
うまくできなくて、断念したので こんなに時間が空いてしまいました。

体調のいいときに、入院の記録を思い出し書いていこうと思いますが

さんざん、悩んで主治医と話し合った結果、
術前診断はG2のIb期とし、膨大動脈リンパ郭清は基本的になしと
いうことで手術に挑みました。

実際の手術内容は、
準広汎子宮全摘出、両側付属器切除、骨盤リンパ郭清、センチネルリンパ節生検
でした。

迅速判断の結果次第で大動脈リンパまでいくといわれていましたが、
やらなくて済みました。これは本当に嬉しかった。

手術時間は4時間20分。
輸血もしなかったそうです。
(部屋に戻ってから貧血予防のため自己血を輸血しましたが)

ひとまず簡単ですが、ご報告です。

センセイが気をつかってくれて、人より早く私の病理結果を出してくれたおかげで
入院中に、抗がん剤治療が必要なことを知ってしまいました・・・。
とほほ・・・。
まだまだ、がんとの闘いはつづきます・・。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。